輸入住宅のスタイルとは

subpage01

輸入住宅とは、海外の設計思想に基づく住宅であり、資材別もしくはパッケージという一式で輸入して国内において建築する住宅のことを指します。

浜松の輸入住宅のメープルホームズに関する特集が満載です。

外観が海外の建物のようであるというだけでは輸入住宅と呼ばないと定義されています。
日本における輸入住宅の大きな特徴は、何世代にもわたって住み続けることが出来る強度の高さ・日本の気候風土に合う施工技術とデザイン日本仕様・優れた断熱性と気密性、全体的なデザイン性の高さ、という点があげられます。


海外では、一般的に一度建てられた住宅は何世代にも渡って受け継がれます。


それは同じ家族間に限らず、リノベーションを繰り返してより味のある住宅に生まれ変わりながら受け継がれていくスタイルです。

ガジェット通信に注目が集まっています。

そのためには一定以上の高い強度(含耐震性)があることが大前提となり、多くの場合は2×4工法となります。
また、そのような思想のもとに用意された輸入住宅の木材は、湿度の高い日本に合わせた施工(内部結露予防等)がされることとなります。


内玄関をはじめとする海外文化との違いにおいても、上がり框を付けた日本仕様のデザインに変更されています。輸入住宅にもいくつか種類がありますが、近年でのその多くは一般的に北欧・北米スタイルとなっています。

寒さだけでなく暑さも厳しい地域として知られるこれらの地域では、冬は温かく夏は涼しく快適に過ごせるように、断熱性と気密性が非常に優れている住宅が基本となります。


この両方は結果的に高い遮音性能にも繋がっています。


そして見た目で分かる魅力として、その外観があります。
色味だけでなく、屋根や窓の位置・形などにこだわりが見え、長い時間でも飽きの来ないデザインとなっています。